読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゅんのカースン

メイクで年齢を多少誤魔化すことはできますが、肌は誤魔化しが効かない、と感じています。わかりやすいのは、目の下でしょう。この部分はシワも増える一方ですし、クマもずっと離れませんので、年齢が進むに従い、この部位についての悩みを持つ人は、増える傾向にあります。


それから、肌のハリ、ツヤが加齢を原因として消えていくと、その分、シワとなって見える形で表に出てきます。


顏限定で見ていきますが、どの部位のシワで悩む人が多いのかというと不機嫌沿うに見える眉間にできた深いシワ、目の下や目尻の笑いジワ、これのおかげで一気に老けて見えるほうれい線などです。

肌が薄いとされる人の場合、シワが創られやすいようになっているということは、意外に知られていないかも知れません。

もし、自分はシワができやすいかも、と疑っている人は自分の肌を少し確認してみるといいでしょう。
血管が青く透けて見えるような人は気を付けたいです。

皮膚があまり薄い場合は皮膚に厚みがないと、単純に場所がありませんから、水分を含んでおくことができません。すぐに乾燥し、肌のハリが失われ、結果シワが目たつことになります。
肌は、年々薄くなっていくのが普通ですから、肌の状態には常日頃から気にかけるようにしてちょーだい。
ヨーグルトは栄養豊かで、乳酸菌やビタミンB、フルーツ酸などを特に多く含んでいます。


乳酸菌は腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つはたらきがあります。
ビタミンBは全身の新陳代謝を高め、お肌の再生を助ける欠かせない栄養素です。


加えて、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩くし、はがれるようにする役割を持っています。
こうした栄養素のはたらきはシミやくすみを改善し、美白する大きな効き目があるので、ヨーグルトはシミやくすみ対策のために、食べたいものの一つです。
前々からそのダイエット効果に注目していて、一度はやってみたいと思っていた、ファスティングダイエットをこなしてみたら、3キロも減量できたので、ダイエット的には成功です。
少々つらい思いをするファスティングも「きれいになりたい」と気合で乗り越えられましたが、鏡で自分の顔をよく見てみたら、身体はすっきりしたようですけど、肌、というか顔にしわが増えたかも知れません。しわの急な増加とファスティングが何か関係があるとは思っていませんが、何かあっても別におかしくはない、とも思いますし、ともかく、今はスキンケアを重点的におこなうつもりです。

みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、お肌のターンオーバーを活発にし、シミのないお肌にするために大聞く役だってくれます。


けれども、みかんを食べるタイミングには気をつけてちょーだい。


朝からたくさん食べた後、強い紫外線を浴びると、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が光や紫外線を敏感に受け止めるはたらきをして、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまうでしょう。

美肌のために食べるのなら、みかんを食べるのは朝より夜、といえます。
お肌の調子は、肝臓と密接な関係があります。
肝臓では、血液を通じて体内で産生された物質を代謝や分解して、解毒するはたらきをしています。
肝臓での解毒が十分でないと、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、それが肌荒れやくすみを引き起こしてしまいます。
肝臓に負担をかけないようにしていくことが、きれいな血液、健康的な肌へと近づく重要なポイントです。
キメが細かい肌と言ったら、もれなく美肌をさします。キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。

キメが細かくよく整った肌は皮丘には充分な水分が含まれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。でも、皮膚組織のうち、一番表面の位置にある表皮がすっかり乾燥し、カサカサに荒れると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。
表皮の荒れを放置しておくと、表皮の持つバリアの機能もどんどん低下しますから、表皮に守られている真皮も、ダメージを受けてしまうことになります。真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としてのはたらきがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワをつくります。糖質を摂り過ぎるのはお肌のために控えてちょーだい。
http://rxu76aakahslj1mce2kjlct.hatenablog.com/

糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。糖分とタンパク質が結合することで、全身の老化を早める糖化物質が全身にたまってくるのです。


コラーゲン(動物の生体の全タンパク質のうち、二割から三割を占めているそうです)と糖が結合して糖化産物が肌に増えると、黄ぐすみ状態になったり、シミやしわ、たるみが生じたりする事態になりかねません。